口の中を乾燥させないようにして口臭を改善・予防


口臭対策.com(トップ)口臭を改善する4つのポイント>口の中を乾燥させないようにして口臭を改善・予防

舌を清潔にして口臭を改善・予防

口の中が乾燥すると口臭の原因となるバクテリアが繁殖します。そのため、口臭を予防、改善するためには口の中をうるおしておくということが重要になるわけです。朝起きた時の口臭が気になるのも、口の中が唾液分泌不足となって乾燥しているためです。

口の中を乾燥させないための対策

 

こまめな水分補給

手軽にできるのがコレ。できるだけ細かく水を飲むようにします。一度にたくさん飲むのではなく、こまめに飲むことが大切です。
もちろん、水でもいいわけですが、より口臭予防効果を高めたいなら、それ自身に口臭対策の効果が期待できる「ハーブティー」や「緑茶」などもおすすめです。

 

ガムなどをかんで唾液分泌を促す

ガムもかむことで唾液が出て、それが食べかすやバクテリアなど体の中に流し込んでくれて口臭を予防する効果があります。口臭対策としてはキシリトール配合のものやミント味のものなどがおすすめです。