食べ物による口臭 / 口臭の原因

食べ物による口臭-口臭の原因-

食べ物による口臭というのはたとえば、アルコールやニンニク、玉ねぎといった食品を摂取することにより、口内ではなく肺からの呼吸などを通じて発せられる口臭の一種です。

食べ物による口臭の発生プロセス

食べ物や飲み物による口臭として代表的なものとしてはニンニクやアルコールなどが広く知れています。ニンニクを食べると息が臭くなるのは、ニンニクなどに含まれるアリシンという物質がアリインというニオイの原因物質となる事が原因です。

ニンニクを食べるとこのアリインが胃腸で吸収されます。するとこのニオイの物質が血液の中に流れ込んでしまい、その血液が血管を伝わり肺の中にアリインが出て口臭が発生します。また、ニンニクなどのニオイの元であるアリインは血液中に入っていると、口からのニオイだけでなく、体からもそのニオイが出ることになり体臭の原因ともなります。

アルコール(お酒)の場合、アルコールの中に含まれているアセトアルデヒドという成分により口臭が発生します。

なお、これらの口臭は一時的なものですので、長時間口臭や体臭を出す原因となるわけではありません。

 

食べ物による口臭の予防対策

食べ物による口臭は短期的なもので、長くても1日程度で自然とニオイは消えていきます。ただし、すぐに対処したいという場合は、胃で溶けるタイプの口臭対策サプリメントが適しています。

このほか、特にニンニクが原因の口臭に対しては牛乳が効果的であるといわれています。牛乳に含まれている脂質がアリインを包み込み腸における吸収を阻害します。なお、この効果を得るには食事中もしくは食後1時間以内が効果的といわれています。

他にもハーブティー(ミントティー)なども食事による口臭対策としてお勧めです。

 

その他の口臭の原因一覧

 
口腔が原因の口臭
肺からの呼気による口臭
生理的口臭 食べかすによる口臭
舌苔による口臭
歯垢/歯石による口臭
唾液による口臭
食べ物/飲み物による口臭
病的口臭 歯周病による口臭
虫歯による口臭
入れ歯による口臭
金属冠ブリッジによる口臭
・代謝系疾患による口臭
・消化器系疾患による口臭
・呼吸器系疾患による口臭
・その他の疾患による口臭