入れ歯による口臭 / 口臭の原因

入れ歯による口臭-口臭の原因-

入れ歯や差し歯を使用している方は、その表面やバネの部分などに歯垢が付着しやすいため、入れ歯の人は比較的口臭体質になりやすいという特徴があります。このほか、入れ歯や差し歯は吸水性が普通の歯より高いので、唾液成分が歯に付着して口臭が発生しやすくなります。

入れ歯による口臭の発生プロセス

入れ歯や差し歯には、歯垢(プラーク)付着する可能性が高くなります。入れ歯や差し歯自体が虫歯になったりすることは無いのですが、手入れを怠ることによりバネ部分などに歯垢(プラーク)が付着して口臭を発するだけでなく、そのまま不潔な状態を保つことで、歯肉炎や歯周炎といった歯周病を誘発する危険性もあります。

このほか、入れ歯や差し歯は吸水性が高いことから、唾液成分が入れ歯や差し歯に付着することによる口臭発生の原因ともなります。

 

入れ歯による口臭の予防対策

入れ歯や差し歯における毎日のメンテナンスをきちんと行うことが何よりも重要です。入れ歯や差し歯は虫歯にならないからといって日ごろの手入れをしっかりと行いましょう。

入れ歯専用の洗浄などを活用して、定期的にメンテナンスをしましょう。

 

その他の口臭の原因一覧

 
口腔が原因の口臭
肺からの呼気による口臭
生理的口臭 食べかすによる口臭
舌苔による口臭
歯垢/歯石による口臭
唾液による口臭
食べ物/飲み物による口臭
病的口臭 歯周病による口臭
虫歯による口臭
入れ歯による口臭
金属冠ブリッジによる口臭
・代謝系疾患による口臭
・消化器系疾患による口臭
・呼吸器系疾患による口臭
・その他の疾患による口臭