金属冠ブリッジによる口臭 / 口臭の原因


口臭予防.com(トップ)口臭の基礎知識口臭の原因>金属冠ブリッジによる口臭

金属冠ブリッジによる口臭-口臭の原因-

金属冠ブリッジとは、虫歯治療などにより治療される詰め物の一種で、虫歯となった歯に覆いかぶさるようにして、つけられる治療器具の一種です。この金属冠ブリッジが腐敗することにより口臭を発する場合があります。

金属冠ブリッジによる口臭の発生プロセス

金属冠ブリッジが腐敗すると、口内が酸性に傾きやすくなります。口内が酸性の状態は口内細菌の働きが活発化しやすくなることから、結果的に口臭を発生させやすい環境を作り出してしまいます。

近年製造されている金属冠ブリッジは腐敗しにくく作られていますが、昔に作られた金属冠ブリッジは多少劣化しやすい側面もありますので、日々のケアが重要になります。

 

金属冠ブリッジによる口臭の予防対策

そもそも、金属冠ブリッジのように自然な歯でないものには普通よりも歯垢(プラーク)が付きやすいという特徴があります。(参考:入れ歯・差し歯の口臭)金属冠ブリッジも例外ではありません。

一度金属冠ブリッジが腐敗してしまうと、元には戻りませんので、早めに歯科医師に相談して新しいブリッジを作ってもらいましょう。

 

その他の口臭の原因一覧

 
口腔が原因の口臭
肺からの呼気による口臭
生理的口臭 食べかすによる口臭
舌苔による口臭
歯垢/歯石による口臭
唾液による口臭
食べ物/飲み物による口臭
病的口臭 歯周病による口臭
虫歯による口臭
入れ歯による口臭
金属冠ブリッジによる口臭
・代謝系疾患による口臭
・消化器系疾患による口臭
・呼吸器系疾患による口臭
・その他の疾患による口臭