口臭の原因

口臭の原因とそれぞれの対策

口臭に対する予防や対策を立てるにあたって、口臭というものは一体どのような原因により生まれているものなのかをわかりやすく解説していきます。

口臭の原因は「口臭の分類」で解説したように「口の中から出る口臭」と「肺から出る口臭」の二種類があります。また、その原因から「生理的口臭」と「病的口臭」とに分類することができます。ここでは、それらを分解しながら口臭の原因について説明します。

口臭が発生する場所やその原因によって対策を行うべき方法は変わってきます。

口臭の分類と原因

口腔とは、いわゆる口の中のことです。口の中からでる口臭の原因は口内にいる雑菌がその原因となります。ただし、その原因といっても実は様々な要因があるのです。

 
口腔が原因の口臭
肺からの呼気による口臭
生理的口臭 食べかすによる口臭
舌苔による口臭
歯垢/歯石による口臭
唾液による口臭
食べ物/飲み物による口臭
病的口臭 歯周病による口臭
虫歯による口臭
入れ歯による口臭
金属冠ブリッジによる口臭
・代謝系疾患による口臭
・消化器系疾患による口臭
・呼吸器系疾患による口臭
・その他の疾患による口臭

いかがでしょうか?
たとえば、代謝系の疾患(病気)による口臭はいくら歯磨きをしても効果はありません。また、虫歯が原因の口臭なのに、ブレスケアなどのサプリメントを飲んだとしても効果は限定的となります。

それぞれの口臭の原因(発生元)に応じた対策をとってお行く必要があるわけです。

色々書いていますが、大きく分類すると

・口の中を清潔にすることで解決できる口臭
・時間が解決してくれる口臭
・歯医者での治療が必要な口臭
・原因となる病気の治療が必要な口臭

といったように分類をすることができるわけです。