口臭チェック

口臭のセルフチェック(自己診断)について

口臭といっても自分自身に口臭があるかどうかはなかなかわからないものです。口臭チェックでは、自分でできるセルフ口臭チェック法を解説します。

口臭のチェック法について

以下で紹介する口臭チェックについては、あくまでもその時点での口臭をチェックするものです。また、口臭の原因までを特定するものではありません。どうしても気になる方は歯科医師の診察を受けましょう。

 

口臭セルフチェック問診

まずは、あなたに口臭があるかどうかの問診です。各設問にお答えいただいくことにより、あなたの口臭危険度をチェックすることができます。
>>口臭セルフチェック問診

 

コップを使った口臭チェック

自分で口臭をチェックするものとして最も手っ取り早いのがコップを使った口臭チェック法です。比較的簡単に口臭度合いをチェックすることができます。主に口臭全体をチェックできます。
>>コップを使った口臭チェック

 

ガーゼを使った口臭チェック

ガーゼを使い口臭の原因をチェックします。主に、舌が原因である舌苔の有無による口臭のチェックです。コップを使った口臭チェックでニオイがした場合試してみましょう。
>>ガーゼを使った口臭チェック

 

デンタルフロスを使った口臭チェック

デンタルフロス(フロス)を用いた口臭チェック法です。主に口の中の食べかすや歯垢(プラーク)による口臭の有無をチェックすることができる口臭チェック法です。
>>デンタルフロスを使った口臭チェック

 

口内以外が原因の口臭チェック

口臭のほとんどは口内になんらかの原因があるといわれています。ここでは、コップテストではニオイがあったのに、ガーゼやフロスを使った口臭チェックでニオイがなかった人向けのチェック法です。体内が原因の口臭をチェックできます。
>>口内以外が原因の口臭チェック

 

口臭チェッカーを使った口臭チェック

口臭を測定する便利な機械があります。口臭チェッカーと呼ばれるものです。医療用に用いられる数百万円近くするものから数千円程度で購入できるものまで様々ですが、口臭の有無をチェックすることができます。
>>口臭チェッカーを使った口臭チェック