口臭とは

口臭とは何か?

口臭とは、口腔内の微生物が作るガスまたは肺からでてきた臭気を含むガスとが混じって口呼吸により排出されるニオイがその本体です。まずは、口臭とはいったいどのような仕組みで生まれているのかを知りましょう。

口臭の定義

口臭には、本当にニオイがある場合と実際にはニオイは無いのに口臭があると思い込む場合があります(口臭恐怖症)。

また、口臭の大部分は口の中に食べ物が詰まっていることが原因であったり、揮発性油を含む食品(にんにくや玉ねぎなど)を食べていたりする生理的口臭が大部分を占めています。これらはきちんとした対策をとることで比較的簡単に対応することができます。

しかし、これ以外にも口臭は自分の体の異変を知らせてくれるサインでもあるのです。特定の疾病(病気)の中には口臭を生じさせるものがあります。糖尿病や腎不全、肺の腫瘍、口の病気(歯周病など)が代表的ですが、これらは口臭により初めて発見されるケースもあるようです。

口臭でお悩みの方は当口臭予防.comのサイトをごらん頂き口臭に対する正しい知識を身につけてそれぞれにあった対応をできるようにしましょう。